2020年東京オリンピック開催が不動産にもたらす5つの影響について [城南店 営業3課/井川 貴稔]

Untitled document

こんばんは、城南店の井川です。

2020年東京オリンピック開催が不動産にもたらす5つの影響のうち、

1?3つ目をお話しさせて頂きましたが、本日はその4つ目をお話し致します。

 

4.東京オリンピックに向けてテナントも注目している 

2020年東京オリンピック・パラリンピックで多くの方が集まれば、それだけ飲食店や

小売店も売上を伸ばす事になります。そこで注目されているのがテナント用地の問題です。

例えば、使われていない土地であっても、一時的に利用される可能性というのもあります。

通常は月に10万円で賃貸に出されている土地だとして、20万円を払ってもおつりが来るかも

しれないのです。こういったチャンスを経営者達は見逃していません。

そして、湾岸マンションではこういったテナントのチャンスは少なくなってしまいますし、

得られる利益から考えるとかなりコストが高くなってしまいます。そこで、都内のあらゆる土地の

リサーチが始まっています。もし、用途に困っている土地を所有している方がいれば、

今が賃貸や売却のチャンスになるかもしれませんね。

 

2014年2月

     12
3456789
1011 121314 1516
17181920212223
2425262728   

カテゴリー

担当

アーカイブ

会員登録で約5倍の物件数がご覧になれます!
物件検索

住所から絞込む
路線から絞込む
他の条件から絞込む
お客様からの接客評価 売却の方 買い替えの方 優遇金利 ローンシミュレーション フラット35 無料FP座談会 不動産購入マニュアル リボーントゥエンティーワン セレシス リノベる 東京マンションカタログ
BSホームブログ
スタッフ紹介 お客様の声 学区情報 地域情報 お役立ち情報 会社案内 人気エリア