住まいの買い替えテクニック

「売り」が先か?「買い」が先か?

住まいの買い替えを行なう場合、「ご売却」と「ご購入」のタイミングが重要です。 同時に行なえるのがベストですが、現実にはなかなか難しいものです。そこで、売却先行タイプ、購入先行タイプ、それぞれのメリット・デメリットを比較し、お客様にあった買い替えのタイプを検討してみましょう。

売却先行タイプ

まずお住まいの売却を行ない、予算(資金計画)を確定させてから、新しい購入物件を探す方法です。 購入物件が特定されていない場合は、安心で確実な方法です。

メリット デメリット
  • 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、ご購入物件の資金計画が立てやすくなります。
  • 売却を急ぐ必要がないので、価格交渉などの面でもある程度余裕を持って進めらます。また、たとえ買い替えを中断したとしても住む家は残ります。
  • 売却が決まれば、買主に物件を引き渡す日までに、新しいお住まいを探さなければいけません。
  • ご購入の物件がなかなか決まらないと、仮住まいをする必要が出てきますので、出費が増します。

購入先行タイプ

はじめに購入物件を決めてから売却を行なう方法です。売却によって得た資金を使えないため、資金的に余裕のある場合には有効といえます。

メリット デメリット
  • ご希望の条件にあった購入物件を、気長にじっくり探すことができます。
  • 仮住まいなどの余計な費用がかからず、引渡し・引越しもスムーズにできます。
  • 新しい家の取得までに今までのお住まいを売却できない場合、ダブルローンになってしまうこともあります。
  • なかなか売却できない場合、どうしても売りあせって、買主に主導権を握られてしまう可能性もあります。

成功する買い替えのコツ・秘訣

お買い換えをご検討のお客様へ

BS買取保障システムのご案内

 お住まいを買い換える際に、購入物件が見つかったとしても「今の住まいが売れなかったら どうしよう…」「2重住宅ローンになっても大丈夫かな…」。こんなご心配やご不安をよく耳 にします。
 ご安心下さい!そんな心配はもう無用です。当社の『BS買取保証システム』を使えば売却 から購入まで安心サポート。このシステムをご利用頂ければ、ご購入の資金計画も確定しますので、希望の購入物件も見つけたときでも購入チャンスを逃すことはありません。
 現在のお住まいが一定期間に売却できなかった場合、あらかじめ査定した価格で買い取り致します。

こんなお客様におすすめ!

○一定期間に確実に売却したい
○現お住まいのローンが残っていて2重住宅ローンが心配
○既に希望の物件は見つかっているが、家が売れずに困っている
○買い換え時、賃貸住宅に行くのは余分な費用がかかるので避けたい、etc…
※詳細内容は当社の担当営業までご相談下さい。
ご利用のご条件等
  • 対象のお客様    売却物件に関して当社と専属専任媒介契約を締結していただける方
  • 対象物件       土地、中古戸建、中古マンション、中古1棟ビル等
  • 対象エリア      東京全域
  • 買取期日       一定期間後(応相談)

●新居ご購入から、ご自宅ご売却までの流れ●

(1)お住まいの査定
 現在のお住まいの近隣相場を確認、役所での調査や経済情勢等を判断材料とし、
 一般のお客様への売却価格、当社での買い取り価格をご提示致します。
 ※センチュリー21独自の価格査定によります。
(2)買取保証契約の締結
(3)新居ご購入
(4)販売開始
 売却物件に対して当社と専属専任媒介契約を締結し、販売を開始致します(一定期間)。
 ※センチュリー21のネットワークを最大限に活用して販売活動を行ないます。
(5)ご売却
a.一定期間内に売却価格にて一般のお客様との売買契約が成立した場合は仲介により売却が
 完了いたします。
b.一定期間内での売買契約が不成立の場合、当社買取価格にて買い取らせて頂きます。
※売却価格とは、近隣相場から算出した一般販売価格のことです。
※買取価格とは、当社にて買い取る価格のことです。

買い替えを成功させるには「手持ちの住まいがいくらで売れるか」「手元に残るのはいくらか(売却残金)」「残債が残る場合、資金の用意が可能か、あるいはローンが組めるか」「自己資金をいくら用意できるか」など、ご自身の資金状況を正しく把握することが大切です。
豊富な実績と経験を持つセンチュリー21のスタッフは、そんなお客様のよりよい買い替えのために、的確なアドバイスと心のこもったお手伝いをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

「残債がでる方」におすすめしたい買い替えプラン

売却査定で、現在の住まいがいくらで売れそうかをチェックした上で、売却金額が残債(残りの住宅ローン金額)より下回りそうな場合、資金的にはあまり余裕がない状況です。
自己資金をどれ位用意できるか、ローンがどれ位組めるかをチェックして、『これ位の金額の物件なら購入可能だ』という大まかな目安をつかみましょう。
新しい住まいを探すことも大事ですが、現在の住まいが売れないと、購入資金が入らず資金計画を確定できませんので、≪売却先行タイプ≫の買い替えが安心です。
売却を急がずあせらず、価格交渉も余裕をもって行ない、できるだけ希望する金額で売却することを目標にしましょう。自己資金がかなり用意できるお客様は別ですが、そうでない場合は、大きなローンを組まずに、無理のない買い替え物件を落ち着いて探されることをおすすめします。

「残債がでない方」におすすめしたい買い替えプラン

現在の住まいを売却した場合、売却金額と残債(残りの住宅ローン金額)がほとんど同じか、少し売却益が残りそうな方は、資金的にはいくらか余裕をもっている状態といえます。ただし、売却金額よりもかなり高い金額の買い替え物件を購入される場合には、新たなローンを組まなければなりませんので≪売却を先行させながら購入物件を同時に探す≫ような買い替えプランがよろしいかと思います。
売却金額とほぼ同額程度の物件や、売却金額+自己資金でカバーできるような物件を購入する方は、資金的なリスクはほとんどありませんので、≪購入先行タイプ≫の買い替えプランでよろしいでしょう。理想的な住まいを納得のいくまで探し、購入を先行させ、買い替え先のめどがついた段階で売却を始めても問題ないかと思われます。
しかし、なかなか売却できないということもありますので、よくタイミングを見極めることも重要です。

step1 売却のご相談 step5 売買契約
まずはお客様のお悩み、ご要望をお聞かせください。お電話、メールまたは訪問にてお伺い致します 売主様、買主様双方が事前に十分ご納得いただき、売買契約を結びます。トラブルを未然に防止。
step2 物件調査・査定 step6 お引渡しの準備
お客様のお住まいを訪問査定。
成約事例を比較考量して査定金額をご提示します(秘密厳守/無料)。
買主様へスムーズにお引渡し出来るように、スケジュールの調整を当社で責任を持って行います。
step3 媒介契約 step7 残金決済とお引渡し
販売に関する契約を結びます。
お客様のご要望を反映し、販売価格、販売方法等を決定いたします。
買主様より残代金を受領し、いよいよ鍵のお引渡しです。
step4 販売活動・報告 step8 アフターフォロー
広告媒体を多数活用し、購入希望者を探します。お客様へのご報告、ご相談など適宜行ないます。   お引渡し後の買主様からのご質問の窓口となります。ご売却に係る税金のご相談も無料で行います。

会員登録で約5倍の物件数がご覧になれます!
会員登録
 
物件検索

住所から絞込む
路線から絞込む
他の条件から絞込む
お客様からの接客評価 売却の方 買い替えの方 優遇金利 ローンシミュレーション フラット35 無料FP座談会 不動産購入マニュアル リボーントゥエンティーワン セレシス リノベる 東京マンションカタログ
BSホームブログ
スタッフ紹介 お客様の声 学区情報 地域情報 お役立ち情報 会社案内 人気エリア